袋井動物病院
袋井動物病院

当院では、猫における鎮静剤を用いた診察・処置を積極的にすすめております

当然のことながら、人と同じように動物にも性格があります。診察のため来院された際に、犬でも時々ありますが、特に猫では、怖がって怒ってしまい、十分に診察・処 置が行えない場合があります。

そんな時に、猫を無理やり押さえこんで診察を進めていくと、大暴れしてしまい、猫も飼い主さんも獣医師・看護師も怪我をしてしまう可能性が高く、怖い印象だけが残ってしまい、今後の診察がさらに難しくなってしまいます。

そういう怖がりな性格の猫の場合には、鎮静剤をうまく使用することによって、恐怖心を最小限にし、安全かつ丁寧な診察・治療を行うことができます。結果的には鎮静剤を打たない場合よりも短時間で診察・処置が終わることがほとんどです。

鎮静剤というと少し抵抗があるかもしれませんが、よほど具合が悪い場合を除いては、かなり安全性は高くなっています。また、鎮静剤から目を覚まさせる注射もあるため、診察・処置が終わってしまえば、すみやかに目を覚まさせることが出来ます。

以上の理由により、当院では積極的に猫の鎮静下における診察・処置を推奨しております。

また、猫は換毛期には毛玉が胃にたまり、嘔吐を繰り返すことが多く、長毛種の猫は毛玉が全身にでき、皮膚病になってしまうこともしばしばです。

このような症状が出てしまった場合、治療として一番効果的なのは毛を短くカットし、皮膚を清潔に保つことです。
ただ、猫のトリミングを行っているペットサロンはほとんどありません。それは猫はバリカンの音と水に濡れるのを非常に嫌うため、トリミングを行うのが難しいためです。

そこで当院では、病院でしか行えない鎮静下での猫のトリミングを行っております。
嫌がって動くことがないので、短時間で安全にかつきれいに仕上げることが出来ます。
御希望の際はお電話ください。

コメント

当院では、猫における鎮静剤を用いた診察・処置を積極的にすすめておりますのご感想やコメントをお寄せください。

ねこ