【診療時間】9:00〜12:00/15:00〜19:00
※午前受付11:30、午後受付18:30まで
※日曜日・祝日:終日予約診療のみ

0538-49-2255

〒437-0127 静岡県袋井市可睡の杜31-1

手術について

  • HOME
  • 手術について

去勢手術・避妊手術について

手術室

動物が年を取っていくと、当然のことながら様々な病気が発生してきます。その中には、オスでは去勢手術、メスでは避妊手術を行うことにより予防できる病気もあります。
もちろん手術しなければ必ず病気になるというわけではありませんが、手術をするかしないかの1つの判断材料として、ここでは去勢手術と避妊手術のメリット・デメリットを簡単にご説明いたします。

去勢手術 犬・猫ともに精巣を摘出する手術です。

犬の去勢手術

メリット

  • 望まぬ妊娠を予防できる
  • 高齢になった時に起こりやすい病気の予防(精巣腫瘍、前立腺肥大、肛門周囲腺腫 *1、会陰ヘルニア *2など)
  • 性格が温厚になることがある

デメリット

  • 全身麻酔をかけなければならない
  • 太りやすくなる
  • 子どもが作れなくなる

*1肛門の周りにできる腫瘍で、大きくなると出血したり排便困難になったりします。
*2M.ダックスフンドやW.コーギーに多く、お尻周りの筋肉が薄くなり、筋肉が破れた穴や隙間から直腸や膀脱が皮膚の下に飛び出し、排尿・排便ができなくなってしまうこともあります。

猫の去勢手術

メリット

  • マーキングしにくくなる(しなくなるわけではありません)
  • 尿の臭いの軽減
  • 性格が温厚になることがある

デメリット

  • 全身麻酔をかけなければならない
  • 太りやすくなる
  • 子どもが作れなくなる
  • 早期(生後6ヶ月以内)に去勢すると尿道の発育が止まり、尿結石が詰まりやすくなるため尿石症を起こすことがある

避妊手術 犬は卵巣と子宮を摘出する手術、猫は卵巣のみを摘出する手術になります。

犬の避妊手術

メリット

  • 卵巣・子宮の病気を完全に予防できる(卵巣がん・子宮がん・子宮蓄膿症など *3
  • 乳腺腫瘍の発生率を下げられる(ただし初回発情前のOPEは乳腺腫瘍90%予防、1回発情後は50%予防というように発情がくるほど避妊手術後の乳腺腫瘍の予防率は低くなります)

デメリット

  • 全身麻酔をかけなければならない
  • 妊娠できなくなる
  • 太りやすくなる

*3卵巣がん・子宮がんの発生頻度は高くありませんが、子宮蓄膿症は極めて多くなります。この病気は治療をしなければ確実に死に至り、手術以外では治すことがほとんどできません。極めて状態が悪い時に手術をしなければならないので、麻酔のリスクがとても高くなります。

猫の避妊手術

メリット

  • 発情が来なくなる *4
  • 卵巣・子宮の病気の予防ができる
  • 妊娠を予防できる

デメリット

  • 全身麻酔をかけなければならない
  • 妊娠できなくなる
  • 太りやすくなる

*4メス猫の発情は猫自体にとてもストレスが高く、発情が続くと特徴的なかん高い声で昼夜を間わず鳴き続け、食欲が低下し、痩せてしまいます。

手術の実績

当院が2019年に行った手術をご紹介しております。

去勢手術(皮下陰睾摘出術・腹腔内陰睾摘出術含む)/避妊手術(子宮蓄膿症含む)/腫瘍切除・摘出(皮膚・眼瞼・耳道・口腔内・腸管・肛門・乳腺・膣・脾臓)/胃内異物摘出/腸管内異物摘出/膀胱結石摘出/尿道結石摘出/遠位尿道造瘻術/臍ヘルニア整復/鼠径ヘルニア整復/脱肛整復/帝王切開/断尾/抜爪/歯石除去/試験開腹

年間手術件数 383件